FC2ブログ

フィルムの100とか400の数字って何なのだろうか(゜-゜)解説

ダイヤモンドカメラシュシュ

みなさま、こんにちは。。。

よくフィルムを買う時に100とか200とか400とか
何か数字ついてるな~って思う事があると思います。

実はこの数字は画質が良いのか、悪いのか
どの天候や時間帯に向いているのか
ということを示す数字なのです。

    ~数字が小さいほど画質が良いです~
      100→→→400→→→800
ヽ(≧∀≦)ノイイ!        (´・△・)カワイソス

~でも数字が小さいほど暗い場所の撮影は苦手です~
      100→→→400→→→800
                

フィルムさんはこのように得意分野と不得意分野があります。
デジタルさんのように器用に広範囲をサポートできないので、
代わりに私たちが少し知識をつけてサポートしてあげましょう!

ちなみにこの数字はISO(いそ)感度と呼ばれており、
あるフィルムがどの程度弱い光まで記録できるかを示しています。
つまり100のような小さな値だと光を受け取る力が弱いので、暗い場所はニガテ、
800のような大きな値だと光をたくさん受け取ってくれるので、暗い場所でもダイジョウブ!!
と、いうことなのです。

ISOというのはこの規定を決めた
国際標準化機構(こくさいひょうじゅんかきこう、英: International Organization for Standardization)
という組織の略称からとったものらしいです。
ISOは昔はASAとも記されていたので古いカメラにASAと書かれていたら
それはISO感度のことだと思います。


Posted byダイヤモンドカメラシュシュ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply